ロゲインとプロペシアのどちらを選ぶ

プロペシアやロゲインは、日本で処方されている男性型脱毛症(AGA)の治療薬です。

クリニックや病院の皮膚科で診察を受ければ、プロペシアやロゲインを手に入れることができます。

プロペシアは、フィナステリドという有効成分を配合した製品です。

ロゲインは、ミノキシジルという有効成分が使用されています。

審査が厳しいことで知られているFDA(米国食品医薬品局)が認可を出しているのは、ミノキシジルとフィナステリド(プロペシア)のみで、AGAに効き目を発揮すると確認されています。

AGAでお悩みの多くの方たちが、プロペシアやロゲインを選ぶのも、納得ができますね。

外国で実施されたある臨床試験によると、プロペシアはロゲインなどのミノキシジル系育毛剤と併用することにより、通常よりも効き目がアップすることが判明しています。

日本で行われた臨床試験では、毛髪が増加した方が、6ヶ月後に48%、1年後に58%、2年後に68%、3年後に78%と増加したということです。

AGAには、頭頂部と生え際、もしくは両方が薄くなるタイプに分けられますが、プロペシアは頭頂部に効果を発揮して、さらに前髪や生え際も育毛されます。

これまで発売されてきた多くの商品の中でも、高い効果で評判となっている育毛剤です。

日本でプロペシアを扱っているのは、万有製薬です。

プロペシアを開発したのは、アメリカにあるメルク社という製薬会社でした。

プロペシアの優れた効果は、簡単には日本で承認されませんでしたが、2005年に「プロペシア錠」という商品の輸入の承認を、万有製薬が取得したということです。

万有製薬はメルク社の100%子会社なので、安心して使用することができます。

万有製薬が発売しているプロペシア錠は2種類あり、1mgタイプと0.2mgタイプがあります。

購入するためには、医師に処方を出してもらうことになります。

他には、海外で発売されているプロペシアを個人輸入するか、輸入代行の通販サイトで購入することになります。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ