ロゲインを購入するときのコツ

ロゲインを購入する際は、海外用のものを個人輸入することが多いでしょう。

個人輸入といっても、実際に個人で輸入するわけにはいきません。

ですから、「個人輸入代行」の事業者に依頼することになります。

依頼はインターネット経由です。通信販売のように、専用サイトがある場合がほとんどです。

ロゲインをはじめとするミノキシジルを含む製品は、2ヶ月に2本までしか輸入通関できません。

もし輸入制限数オーバーにより通関出来なかった場合、商品をアメリカに返送することになってしまいますので注意しましょう。

受け取りは自宅のみ、法人名義の住所、会社等への配送はできないことが多いです。

海外発送の商品は通関の際に、送り先が勤め先・事業所の場合、個人輸入と認められず、荷物が税関で止められることがあるのです。

そして女性名義での注文もできません。品名表示も指定できません。

そんな風に制約の多いロゲインですすが、その効果は確かなものです。

薄毛は誰にも相談できず、ストレスにもなってしまいます。

ストレスがさらに薄毛を起こす悪循環となってしまう方も多いものです。

ロゲインを購入すれば、薬局とは違い誰にも会うこともないですから、恥ずかしいことは何もありません。会社の方にも知られることもありません。

頭頂部の薄毛に関して言えば、使用者の多くの人に効果が見られ、そのうち10%は完全に回復するという統計結果が出ました。ロゲインは薄毛に対する最終兵器とも呼べるべきものなのです。

ロゲインに見られる主な副作用は、頭皮のかゆみなどです。

この症状は、ロゲインに含有されているプロピレングリコールに対するアレルギー反応です。ですが、これは微々たるもののようです。

そのほか、多毛症や性欲減退、頭痛、胸痛、低血圧、手足のしびれなどが稀に見られます。

こうした副作用が生じた場合は、ロゲインの使用をただちに中止して、医師に相談した方がよいでしょう。

そして未成年の方はロゲインを使用できません。

さらに女性の方は、必ずロゲインの女性用であるロゲイン2%(女性用)を使用しなければいけません。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ