ロゲインの生え際の薄毛への効果

近ごろ、生え際や頭頂部の髪が気になりだしたということはありませんか。

男性型脱毛症はAGAとも呼ばれ、生え際と頭頂部のいずれか、もしくは両方の髪が薄くなることをいいます。

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略です。

ロゲインは、生え際や頭頂部に塗って使用するタイプの育毛剤の名称で、アメリカのファイザー社が開発を行いました。

ロゲインには、ミノキシジルが配合されています。

ロゲインの主な有効成分であるミノキシジルは本来、高血圧の患者さんを治療するための血管拡張剤として作られた医薬品でした。

薬品には副作用が現れることがありますが、ミノキシジルの副作用は発毛促進作用だったのです。

この副作用に関して研究が進められ、育毛促進剤として1980年代から市販されるようになったのです。

ロゲインの開発をしたファイザー社はアメリカにありますので、FDA(米国食品医薬品局)から認められています。

臨床試験が行われ、発毛効果が84%の方に確認されたということです。

生え際や頭頂部に使用してから育毛効果が現れるまで、個人差がありますが、ほとんどの方が2カ月~4カ月、早い人は利用開始から1週間~2週間くらいで変化が現れたそうです。

ロゲインの育毛効果は、ミノキシジルが血管を拡張する働きによるものです。

ミノキシジルが作用して、頭皮の血行が促されます。

毛髪の生成は、頭皮の血行が悪化している場合に、毛乳頭と呼ばれる毛根の毛母細胞にまで毛髪を作る栄養素が運ばれなくなってしまうことから、うまくいかなくなります。

頭皮の血流が、ロゲインを塗ることによって増えますので、毛髪を作るために必要なたくさんの栄養素が、毛母細胞に運ばれるようになります。

毛母細胞が活発になった結果として、発毛が促進されるというわけです。

このような仕組みから、ロゲインを使用することにより、AGA(男性型脱毛症)に高い効果が得られると考えられています。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ